子供の頃から気にしていたわきがの臭いが消えた

手術をせずにミョウバンで臭いを軽減

子供の頃は、思春期に入った頃から何度も脇の下を拭いて汗をかかないように、臭わないようにするのが習慣になっていえました。
ですが、大人になった今はデオドラントを毎朝脇に塗るだけでいいので、本当に幸せです。
高校生の頃にわきがだとわかったときは、手術をするかしないかでずいぶんと悩みました。
脇の下に傷が残る可能性があるので、手術をするのはとても迷いました。
傷跡は残るけれど、臭いはもう気にしなくてもよくなる、というメリットがとても大きくてずいぶんと考えていたのを覚えています。
子供の頃からのものなので、とても考えましたが手術はやっぱり怖いのでやめました。
家族には手術した方がいい、と言われましたがやめてよかったです。
現在はデオドラントのおかげで脇の下のことは気にならなくなったけれど、これがなかったらきっと傷跡が残る可能性があったとしても手術に踏み切っていたかもしれません。
思春期頃の子供にとって、臭いはとても気になるものです。
ですから、コンプレックスになったのは仕方がないです。
けれど、現在はそんなことを気にもせず、脇の下の汗が流れてもさっと拭く程度でよくなりました。
もしデオドラントがなかったら、手術で切開をしていたのでアポクリン腺やエクリン汗腺なども取り除いて臭いはしなくなっていたでしょう。
ただ、傷跡が術後の状態によっては本当に気になっていた可能性があります。
さすがに傷跡が残るとショックです。
そのようなことにならなくて本当に良かったです。
ミョウバンのデオドラントは、これからも手放すことが出来ないでしょう。

わきがと知ってたどり着いた専用デオドラントミョウバンの効果手術をせずにミョウバンで臭いを軽減