子供の頃から気にしていたわきがの臭いが消えた

わきがと知ってたどり着いた専用デオドラント

子供 わきが大西皮フ科形成外科医院

子供の頃、自分がわきがだということはわかりませんでした。
けれど、何か脇の下が臭い気がするとは気になって仕方ありませんでした。
わきがという言葉も知らなかったので、汗をかいたらこまめに拭いたり、石鹸で洗っていました。
それでも夏などはなんとなく臭い状態が続いていたので、とてもコンプレックスに感じていたのを覚えています。
小学生、中学生は脇の下を出来るだけ人の近くに出さないように意識して過ごしていました。
臭い対策にいいということで、洋服を冷凍庫で冷やしてから着てみたり、脇の下に保冷剤を挟んで汗をかかないようにしてみたこともあります。
ですが、それでも張るから秋にかけては少し運動するだけで脇からわきがの臭いがしているような気がして仕方なかったです。
どうにかしようとティッシュをはさんでみたこともあります。
デオドラントを使っても、汗をかくとやっぱり臭いが気になるという状態が続いていました。
高校生になってはじめて「わきが」という言葉を知り、自分がそうなのだとわかりました。
臭いが服などにうつってしまうのも悩みになっていたので、さっそくそのことについて色々と調べてみたところ、専用のデオドラントがあるということで驚きました。
だったらはじめからこれを使えばよかった、と感じたほどです。
ミョウバンを使ったもので、汗を抑えるだけではなく臭いのもとになる雑菌を増やさない効果があるということでした。
使ってみると、確かに汗を抑える効果もあるし、何よりもわきがの臭いが気にならなくなりました。

わきがと知ってたどり着いた専用デオドラントミョウバンの効果手術をせずにミョウバンで臭いを軽減